ソファとベッドで快適な部屋を

家具を購入するときは、ソファとベッド、この2つはどうするかを悩むこともあると思います。二つの機能を持つ家具のソファベッドで良いんじゃ?言った方は多いと思いますが、それぞれの特徴を参考にして下さい。

家具と空間

一般人、つまり、普通の人が普通に働いて、家を買うとなるとその家の大きさは、部屋が多くても、5つくらいになると思います。

その部屋の大きさを全て、8畳としても、ベッドとソファを置くとその分のスペースは家具を置く場所となり使用できなくなりますので、5畳が余ります。

実際には、ベッドに座ったり、ソファに座ることもあると思いますので、窮屈には感じないと思いますが、理想と現実には、大きなギャップが起きると思われます。

家具を置くということは、その家具のためのスペースを用意することとなり、その分の空間を減らすことになりますので、家具を置けばおくほど、部屋が狭く、窮屈に感じることとなっていきます。その中でも、ソファやベッドは大きく、「どうしても必要」という事もないので、その購入に関しては、悩みともなるでしょう。悩みとは言ってもストレスを感じるような悩みではないと思いますが。

ソファやベッドを購入する際に、どこに置くかを考えずに購入してしまうという事ありませんか?上記の説明のようにソファやベッドは大きくてスペースを取るものですから、新品ソファを買ったはいいが「大きすぎた」という話は数多く聞きます。特に、展示会場などのような場所では、大きな家具も、小さく見えてしまうので、どうしても、大きさを勘違いすることがあります。そのため、「大きすぎた」ということが起きます。

逆に、「小さすぎた」という場合は、あまり聞かないと思いますが、それでも、少しはあるようです。「小さすぎた」とい事が起きてしまう原因で考えられるのが、実際に使ってみなかったという理由が考えられます。使うといっても、実際に座ってみたり、横になってみたりなどを行っていないということです。また、人から聞いた情報だけで、このサイズのこの材質を使った物という考えも良くありません。

みなさんにも上のような「大きすぎた」、「小さすぎた」という体験をした方、している方はいないでしょうか?このような、選び方の失敗は、ベッドやソファだけではなく、収納するための家具、箪笥や食器棚などにも起こりえます。それを避けるための基本は、メジャーで図ることが重要なのは言うまでもないと思います。

イメージ

ベッドやソファベッドを買うこと自体は、批判をするつもりはありません。むしろいいことだと思っています。実際、管理人の家にもソファはありますし、寝具もベッドです。しかし、その大きさを考えなければ、いけません。今は22世紀という未来からやってくる、たぬきのような猫型のロボットが、物を小さくするライトを出してくれるというような事はありませんので、どうしても、設置する場所というものが必要になります。

その際に必要なことは、上記のようなライトを作ることができれば、このサイトの存在自体は意味がなくなります。しかし、もっと現実的に解決するなら、その家具を置いた際の部屋をイメージしながら選択を行うことが必要だと思います。

このサイトの目的は、ソファやベッドの選び方や基本的な知識などを紹介していくサイトです。家具選びや知識はあっても、文才に関してはなんとも言えない素人が書いたものですので、読みにくい雑文となっていますが、それでも構わないという方でしたら、覗いていって下さい。

Favorite

腕時計の高価買取は、宝石広場にお任せください!

ロレックス エクスプローラー高価買取

ダイビングライセンスを取得しよう!大阪で実績のあるショップにお任せ!

ダイビングライセンス 大阪

最終更新日:2017/7/21