ソファの選び方

ソファは様々なタイプが存在しており、ソファのタイプによって特徴も違ってきます。あなたはソファを選ぶとき、タイプごとの特徴を捉えていますか?ソファのタイプ事の特徴を活かせないと、ソファを購入しても満足出来ないのではないでしょうか?ソファは値段よりも先に見る場所は沢山あるのですよ。

ソファの選択

まず、真っ先に考えるべきなのは、普段の生活とソファを購入後の生活が快適に変化するかどうかでしょう。

しかし、これに関しては、どのタイプのソファを購入して、特徴を活かすのかは人それぞれなので、なかなかわかりづらいでしょう。大体でも構いませんが、それでも、いくつかの想定はしておきましょう。イメージの中で、ソファの特徴を活かせているか。ただの邪魔な家具の1つになっていませんか?そうなっていないのなら、ソファを買うメリットはあると言えるでしょう。

逆に、そうなってしまっていたり、出入りの邪魔とかなどになってしまっていたとすると、ソファを買う必要性はなく、むしろ、スペースと料金の無駄となる可能性が高いとしか言えません。こうなってしまうと、特徴を活かすどころの話ではありません。

ほとんど無い失敗例ですが、逆に言えば、偶にある失敗例ですので、新しいソファを購入するときはお店に行く前に、特徴やタイプについて、じっくりと考えてみましょう。お店に行ってから、考えるというのはお勧めできません。なぜなら、その時点で、様々なタイプのソファに目を奪われてしまうからです。

ソファの大きさによる選び方

ソファを選ぶときには、タイプごとの特徴を活かす前に、大きさも考えなければいけません。大きさはこれぐらいとか、アバウトな感覚で決めないで、メジャーなどを使って設置する場所を図るようにしてください。あなたの家の部屋と店内では広さが全然違うはずですから、実際は設置スペースを超えているような家具でも、多少小さく感じてしまいます。やはり、家具も大きさを測るようにしてください。

また、時たまあるのが、家に入らないといった失敗です。家には、基本的に玄関や勝手口、あとは大きな窓からの搬入が一般的だと思いますが、すべての場所は、「人が楽に通れる程度」としての大きさで設計していますので、家具の大きさによっては、入らないことも。そのため、業者に頼んで、購入をキャンセルするなんて事になったら、「0を1つ見逃した」なんて事よりも恥ずかしいです。

つまり、購入するときにまず考えることは、大きさと搬入方法と言えるでしょう。そのため、設置場所をしっかり計測した後、イスの高さ、長さ、奥行きをしっかり調べましょう。ついでに、搬入口を測っておけば、更にグッド。

使用人数による選び方

次は何人で使うのかを考えて見ませんか?この際は、「1人で使うから・・・」とか「3人で使うから3人掛けソファ」のような選び方はお勧めしません。3人掛けソファを1人で扱う場合もありますので、何人掛けだからという理由でという必要は無いと考えてください。実際に、大きさは、何人掛けと書いてあっても、いろいろな要因によっては、実際には、多く座れることもあれば、狭く感じることもあるのです。それよりは、タイプごとの特徴を活かす方が良いでしょう。

タイプやカラーによる選び方

次は、タイプ別による選び方です。ソファは座るものですが、それでも、カウチソファやコーナーソファなどいくつかのタイプがあります。各種タイプの特徴については、ソファのタイプ別のページで詳しく話しますが、ソファ事のタイプの特徴や用途に合ったタイプを選ぶことが重要となってきます。
上記とまた別のタイプですが一人暮らしや省スペースを望んでいるかたなら、ソファベッドなんてベスト・オブ・アイデア商品ですよね!便利に稼働できるものもあれば普段はソファとして利用できる発明品だと思います。

最後の選ぶ決め手は、カラータイプとなります。基本的に色は人にそれぞれイメージを与えます。赤は熱いとか危険、青は寒いや清潔などのような感じでしょう。くつろぐためのソファでも、色によってはくつろぎにくいのも出てくることでしょう。好みのカラータイプとそれによるイメージなどの折り合いを考えて選ぶことをオススメします。結局のところ、特徴を活かす選択をするほうが失敗しないと言うことです。以上のことに注意して自分に合ったインテリアを探し出しましょう。

以上が基本的な選び方ではないでしょうか。他にも、「こだわり」や「値段」というものももちろん絡んでくるでしょう。これは、その本人にしか分からないものですので、何も言えることは無いのですが、それによっては、選択する方法や手順が変化してくるので、その辺は、あなたが考えることしかできません。

Valuable information

最終更新日:2016/2/4