ソファの種類を理解しよう

ソファにはいくつかの種類があります。少しだけですが、簡単に紹介します。

スタイルによる種類

基本的には、カウチソファ、リクライニングソファ、コーナーソファ、オットマンなどが有名でしょうか?

カウチソファとは、一言でいえば横になれるソファのことです。寝椅子とも言われているそうです。横になってくつろぎたい時やゆっくり休みたいときなどに使えるソファと言えるでしょう。このソファの魅力は、ソファに横になっているだけでも、さまになる所でしょうか(笑)。ただ快適ソファベッドで疲れて横になっているだけでも、床に横になっているよりも、2割増し位でかっこよく見えるそうです。本当かどうかは、試してみないと分かりませんし、保証もしません。

管理人の年代では、聞き覚えないかもしれませんが、昔はカウチポテト族と呼ばれる、カウチソファに横になって、ポテトチップを食べるような人がいたようです。それだけでも、このソファがどれだけくつろげるかがなんとなく分かると思います。

リクライニングソファは、知っている方が多いと思いますが、背もたれがある程度まで、倒れるソファのことです。これも、横になるときに便利なのですが、カウチソファほど場所は取らないので、その分スペースが少ないという方に向いているかもしれません。しかし、リクライニングソファは、その機能のために、普通のソファより少し脆いことが普通だと言われています。大切に扱いましょう。

リクライニングの中には、リクライニングさせることによって、座面が少し前に出たりする物や足を置く場所ができるタイプもあるそうです。基本的に普通のソファよりくつろぐことが重要ですから、これからはいろんな機能が追加されるかもしれません。

コーナーソファは上から見ると、L型に配置でき、それによって角に置くことを目的として購入されているソファです。カウチソファとも似ていますが、複数の人が座る場合、目線が違うところに向かうことが最大の違いでしょう。また、目的としては、座ることを重要としていることもその1つでしょう。ソファを対面させて座るよりも、緊張させにくいので、友人や家族で一緒に座ることに使うのがいいでしょう。

オットマンとは、ソファとは少し違いますが、最近、ネットで見ることが多くなってきています。オットマンは、背もたれが無い、ソファをそのように呼びます。基本的に、「組み合わせる」ことで、使用されることが多いようです、大きさや形もそれぞれ少しずつ違い、中には、収納機能がついているものもあります。他のソファと組み合わせて使うこともあり、足置きとしても使う場合もあるようです。

いろいろな、物がありますが、すべてを盛り込んだソファは、値段も高くなってしまいますし、長所を漠然とさせてしまうので、どれか1つを突出させたものがいいと思います。

素材による種類

現在のソファの素材は本革、合成皮革、布の3種類です。

本革は滑らかで、やはりというか、高級感を感じさせます。使い続けることで、味わいもでてくると言われていて、何年も使う予定があるのでしたら、このタイプの購入を考慮することをオススメします。ただし、天然のものですから、定期的に、きちんとしたお手入れを忘れないようにしましょう。

合成皮革とは、比較的に手入れを行いやすい素材です。人工的に本革を再現したもので、最近では、まるで本物と謳った物も数多く出ています。合成皮革は、本革に比べてリーズナブルだそうですので、本革には手が出せないという方は検討してみてはどうでしょうか?

布の一番の魅力は、その種類の豊富さです。カジュアルからシック、カラーや、織物にも種類がありますので、選択肢が数多くあります。しかし、欠点として、不衛生にしていると、カビやダニが発生してしまうということもあります。キレイ好きで掃除もちゃんと行う方なら問題ないでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

2017/1/30 更新